トレーニングジム(女性)

BLOG

2018.03.30ブログ

ピラティス エルダー (その8)

C7A17A15-6FEB-43B9-A49F-68E5FDCDBAD6

今回は メアリー・ボウエンから聞いたブルース・キングの話をシェアします。

 

まえにご紹介したエルダーのメアリー・ボウエンはジョセフ・ピラティス、ジョーの弟子の
1人ブルース・キング、その後 ロマーナ・クリザノスカにピラティスの指導を受け、ロマーナから教えてもいいと言われて教え始めたそうです。

80歳すぎまで指導を続けた他のエルダーに比べると ブルース・キングは60代で亡くなった
ので情報が少ないです。ですからメアリーからブルースの話を聞くのはとても楽しかった
のです。

ブルースは他のエルダーと同じようにニューヨークで活躍したダンサーで、1970年代に脚のケガがきっかけでジョーに出会いました。ジョーと同じようにシークエンスを繰り返し練習するように指導する、いまではクラシカルと呼ばれるスタイルの先生でした。

メアリーは29歳のときジョーに学び初めました。その頃は 同じ事を繰り返すのは退屈で 自分で勝手に変えてしまったこともあったそうです。でもジョーはそれを見ても気にせず 怒らなかったそうです。ジョーが亡くなって 50歳のときブルースに学び始めて はじめてシークエンスを理解したそうです。同じことをしても身体の感じかたは毎回違うことを知ったのです。

「ブルースは犬が大好きでね、私が始めたときは2匹、その後はもう1匹増えて3匹の犬が
スタジオにいました。とてもお利口でセッション中はおとなしくしていたのよ」メアリーの
話を聞いていると状況が目に浮かぶようです。

 
PilatesAoyama

体験トレーニングのご予約・お問い合わせ

ご予約はお電話または
コンタクトフォームよりお問い合わせください

03-5411-1147

※セッション中は電話に出られませんので、メッセージを残してください。